小型株分析125 フロイント産業 6312

フロイント産業 6312 時価総額:120億

製薬向け造粒・コーティング装置が柱。医薬添加剤・栄養補助食品も。産業用粉体装置を育成中(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(4点/10点):下降傾向

ROE(4点/10点):今期予想は4.2%

ROA(6点/10点):今期予想は3.0%

配当(5点/5点):今期配当予想は年20円+クオカード1000円分でトータル利回りは4.7%と高い

決算進捗率(8点/10点):今回は1Q発表なので進捗はないが、前年を大幅に上回る予想を出しており期待したい

業種(6点/10点):錠剤印刷や造粒装置、製剤など、なかなかニッチな業種。しかし必要な会社であるため、安定感は今後も維持しそうだ

テクニカル(6点/10点):やはり業績と比例して数年間下落チャートだが、今回の決算予想が上昇のきっかけになるかもしれないため、様子見推奨だ

信用倍率(2点/5点):信用買い残は159900と結構多く、重い

TOTAL:41点/70点

総評:まず短期では非常に取りづらい業種のため、必然的に長期向けとなる銘柄だ。
配当良し、財務良し、次回決算予想良しなので長期の方は要チェックしてほしい。
しかもしれっと全固体電池関連銘柄であり、こちらにも期待したい。