小型株分析81 日本動物高度医療センター 6039

日本動物高度医療センター 6039 時価総額:48億

犬猫向け高度医療を行う動物病院を東京、川崎、名古屋で運営。全国連携病院からの完全紹介制(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(8/10点):順調に伸ばしている

ROE(10点/10点):今期予想は15.4%

ROA(8点/10点):今期予想は5.4%

配当(0点/5点)配当は無配継続中

決算進捗率(9点/10点):3Q段階で83.2%達成、目標到達は問題なさそうだ。

業種(9点/10点):昔と違い、もはやペットという言葉すら違和感を感じるほどに、犬、猫は家族の一員であることから、今後は人間同様の医療制度が主流になっていくと予想される。

テクニカル(8点/10点):全体チャートを見ると、今は絶好の押し目に見える

信用倍率(2点/5点):信用買い残83200株で、出来高と相対すると若干重いか?

TOTAL:54点/70点

総評:大の猫党である筆者が一押ししたい会社だ。
前述したが、もはや動物は家族の一員であるため、救える命を救ってくれるこういった会社は支持されて然るべきで、通常の需給とは関係のない資金が度々入ってくると予測できる。
現在は都市3件と、大阪に来年開業予定だが、全国展開は近いうちにどんどん発表されていくと想定すると、正に今は絶好の投資チャンスかもしれない。
利益を順調に出していくことよりも、全国展開が待ち望まれる段階で投資するのは、賢明な投資家であれば必要なことだと考えます。
無配の為、完全キャピタルゲイン狙いにはなってしまうが、全国のペット愛好家の需要をさらう素晴らしい会社ですので、是非投資してくださいw