小型株分析47 マーベラス 7844

マーベラス 7844 時価総額:415憶

コンテンツ活用し、DVD、ゲーム等を企画・制作。アニメが原作の2・5次元舞台が拡大中 (四季報より)


<採点>


売上高伸び率(5点/10点):頭打ちしているように見える。

ROE(7点/10点):今期は13.6%を予想。


ROA(10点/10点):今期は10.2%を予想、高い

配当(5点/5点):配当予想は33円で、配当率は驚愕の6.5%

決算進捗率(6点/10点):目標は何とか行くかもしれないが、前年比半分は頂けない。。


業種(4点/10点):残念ながら、今の時期アミューズメント系の業種は厳しいだろう。。

テクニカル(2点/10点):3年間、じわじわと下げ続けており、とてもではないが、購買意欲は湧かない

信用倍率(4点/5点):信用倍率1.69と、問題なし。

TOTAL:43点/70点


総評:オンライン、コンシューマ、音楽映像事業の3本柱だが、どれも売り上げは落ち込んでおり、更にコロナ騒動で人の動きが無くなったため、次回以降の決算はより厳しさを増すだろう
アミューズメント系は、一度客が飛ぶとなかなか戻ってこない傾向にあるため(無くても生きていける物は、一度取り上げられると無くても気にならなくなる)唯一、オンライン事業に期待を託したい
昔から配当には積極的な姿勢があり好感が持てるが、肝心の事業に期待が持てないと、流石に株価は維持できない。
単発ではなく、継続的に収益の上げられる材料が出るまでは、気合の入った買いは入ってこないだろう。