小型株分析68 識学 7049

識学 7049 時価総額:78億

独自組織運営理論『識学』による経営層向けコンサルが柱。スポーツ分野も。クラウド事業育成(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(10点/10点):文句なし

ROE(10点/10点):今期予想は21.0%、高い。

ROA(10点/10点):今期予想は12.4%、こちらも高い

配当(0点/5点):上場以来、無配継続中。

決算進捗率(8点/10点):判断が難しいが、通期達成は大丈夫だと思われる

業種(8点/10点):コンサル業だが、動画サービスのクラウド会員も着実増のようで、セグメントとして両方とも期待が出来る

テクニカル(5点/10点):底値っぽいところから一気に陽線をつけているが、正直テクニカルでは判断が難しい

信用倍率(2点/5点):信用買い残24万4千と重め

TOTAL:53点/70点

総評:契約社数、会員数の激増に驚かされた。
今後も業績は順調に上がっていくと感じさせてくれる。
新型コロナの影響ももちろん出るだろうが、動画サービスの会員月額というストックビジネスはこういう局面で強いだろう(会員数の伸びは鈍化するだろうが)
無配であること、信用買いが増えてしまっていることなどが問題だが、様子を見てエントリーしたくなる会社であることは間違いないだろう。