長期投資ロジックシミュレーション

長期投資において

毎月、なんとな~く投資し続ける

これもとても大事な事です

ただ、具体的なメソッドは

ある程度意識しておいた方がいいと思い

ここでは、ある1例を取り上げたいと思います

●Aさん(独身)の長期投資データ●

  • 30歳から投資スタート
  • NISAではなく、全て特定口座を使用(NISAだと5年という限定非課税期間があるので、計算がややこしくなるため)
  • 兼業であり、給料は手取り20万、ボーナスは1.5倍の2回支給で年間手取り収入は300万円とする(計算を分かりやすくするために、昇給などは一切考慮しない)
  • 定年である60歳をゴールとする(再雇用などは今回はとりあえず考慮しない)

さて

順にやることを追っていきましょう

証券口座開設&NISA申し込み

ここで

『投資にあまり興味ないし、時間も割きたくない』

と、いう方は

”iDeCo”と”積み立てNISA”

だけで十分です。

そちらを毎月、満額積み立てましょう(商品などは無難なものをチョイスする知識は必要ですが)

証券口座は上位ならどこでもいいですが

最も安定している”SBI”

1日50万以下なら手数料無料の”松井証券”

楽天ポイントも貯められる”楽天証券”

辺りが無難かと思われます


毎月の入金額

それでは早速給料日に

入金しましょう

では

いくら入金するか?と聞かれたら

”頑張れるなら手取りの25%”

”最低でも手取りの20%”

を推奨します。

逆に

『えっ、手取りの20%も絶対無理

という方は

生活レベルが釣り合っていないと考えられますので

投資額を抑えながら

いつかは20%入金できるように

家計や生活レベルの見直しを優先してください。

それからボーナスですが

こちらは”手取りの半分”

必ず入金してください。

ボーナスは

いつなくなるか分からない収入ですので

生活のあてにしてはいけないお金です。

本当は全額投資を推奨したいですが

そこは年に2回のお楽しみなので

半分で手打ちとしますw

これで

毎月4万円(年48万円)+ボーナス年30万円=78万円

入金確定額が出ました。

言い忘れましたが

これ以外にもちゃんと現金貯金は

しておく必要がありますので

その枠はしっかりと確保しておいてくださいね。

運用方法

年間78万円を

30年貯金のみで貯めた場合は

”2418万円”となります。

まずまずの金額ですね

ですが、ここでは人類が生んだ最強のロジック

”複利”を利用します

百聞は一見にしかず…

貯金VS複利運用では

運用結果の差に明確な差が出ます↓

上が

『毎年78万円を30年間貯金し続けた結果』

下が

『毎年78万円を株式などで3%の配当を再投資し続けた30年間の結果』

になります。

500万円ごとに黄バックでわかりやすくしてあります。

例えば2000万円に到達するのに

貯金よりも複利運用の方が5年も早くなりますね。

貯金であれば30年で2418万円

複利活用した投資ロジックなら30年で3529万円

何と1100万以上の差がついてしまいます

どうですか?

面白過ぎないですか??

これに例えば

  • 投資金額を増やす
  • 成長株を買って増配を狙う
  • NISAも活用

等をMIXすると

更に複利効果は抜群に威力を発揮します。

これが

わたくしがやっている手法です

はっきり言って

こんなに上手くいくとは思いませんが

徐々に精度を上げて

徐々に結果が出るようになってくると

楽しくて仕方がありません

投信などでは味わえない

小型成長高配当株投資

妙味です

もちろん

小型株にこだわらずとも

米株や(税金は少々上がるけど)

ETF,大型株でもいいです

とにかく複利効果を知って

毎月楽しく投資していくことこそ

趣味も両立した楽しい投資ライフといえますね。

まとめ

今回の要点は…

  • 入金は手取りの20%以上を目指そう
  • 複利を狙って配当金は再投資しよう
  • 作業にならずに楽しく投資しよう

と、言った感じですかね。

 そして最後にお伝えしたいのは

『運用した3500万円は老後の配当金生活のために取り崩すな

です。

3500万円の3%が配当でもらえれば

年間840000円(税引き後)

月間70000円の不労所得となり

通常の年金と合わせれば

かなりの助けとなりますから