小型株分析14 エンバイオ・HD 6092

エンバイオ・ホールディングス 6092 時価総額:90億


持株会社。土壌汚染対策事業が柱。汚染土地の購入・浄化・再販を拡大。自然エネルギー事業も(四季報より)


<採点>


売上高伸び率(8点/10点):順調に伸ばしてきており、21/3には大台の100億を予想。


ROE(7点/10点):今期は13.7%を予想。


ROA(7点/10点):今期は4.5%を予想。


配当(0点/5点):配当は一度も出していない。


決算進捗率(7点/10点):2/14に下方修正を出してはいるが、前年比では25%程度増益予想。


業種(8点/10点):土壌汚染対策という大変期待が持てる事業を展開しており、折に触れて人気化する可能性があるだろう。


テクニカル(5点/10点):19/6頃に上昇基調になったが、一気に移動平均線の下に潜ってしまった。ただ、このまま下落を続けるとはとても思えないので注視したい。


信用倍率(4点/5点):貸借銘柄であり、倍率は約4倍。特に問題のない水準か。


TOTAL:46点/70点


総評:期待度が高すぎたのか、下方修正でこれでもかと売られている。冷静に考えるとかなり割安水準であるため買いの準備をしておきたい。5月頃の本決算に来季の予定が出るため、そこで見極めたいところ。ただ、そこも含め下値圏での反転サインでまた期待買いが入ってくると予想できるため、そこでの打診買いはアリだろう。