小型株分析22 ブイキューブ 3681

ブイキューブ 3681 時価総額:130億


 Web会議などコミュニケーションサービス提供。遠隔医療やネットでのセミナー開催支援も (四季報より)


<採点>


売上高伸び率(6点/10点):毎年、一進一退といった感じ。通常5点だが、期待値込めて1点加点。


ROE(7点/10点):今期は11%を予想、悪くはない!!


ROA(7点/10点):今期は4.5%を予想、こちらも悪くない!!


配当(1点/5点):今期は1円を予想、配当率は0.1%。個室ブース『テレキューブ』利用券10000円分も優待として有り。普通の人は使い道ないかな。


決算進捗率(8点/10点):今期はV字回復予想。1Q発表が楽しみである。


業種(6点/10点):WEB会議など、テレワーク関連ではあるが、街中にどこまで拡がるかが不明。


テクニカル(8点/10点):長らく低迷していたが、直近3年分の株価を一気に上抜いた。1400円台まで一気に駆け上がるビッグチャンス到来!!

信用倍率(3点/5点):貸借倍率は3.1倍。問題はないが、貸借銘柄なので、ブームが去った後、早めに調整が来やすいだろう。

TOTAL:46点/70点


総評:非常に評価の難しい銘柄。将来性としては楽しみではあるが、WEB会議用の個室にどれだけ需要があるかが計れないため、業績が毎年安定するかどうかが懐疑的だ。もしうまく事が運ぶようであれば、サブスクとして継続的な収益を上げられるだろう。いずれにせよ、テレワーク祭の最中は株価が実力以上に買われてしまうだろうから、中、長期投資家は様子見が賢明である。配当もほぼ無いし。。