小型株分析79 システム・ロケーション 2480

システム・ロケーション 2480 時価総額:51億

自動車金融・販売の支援システムが柱。オークション事業は韓国持分へシフト。中国にも進出(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(6/10点):ここ3年は何とか上昇を維持

ROE(7点/10点):今期予想は12.8%

ROA(10点/10点):今期予想は10.8%

配当(3点/5点)配当予想は年22円で利回りは2.0%

決算進捗率(8点/10点):3Q段階で76.8%達成。順当にいけば達成可能だ

業種(7点/10点):新車販売支援サイトが導入順調のようであり、地銀系にも営業触手を伸ばしているようだが、どちらも今後厳しい業種であるため、更なる顧客開拓を期待したい

テクニカル(7点/10点):時価総額が安く、夢があるが、テクニカルとしては200MAを下回っており、この線上に戻せるかが注目ポイントだ

信用倍率(4点/5点):信用買い残23000で問題なし

TOTAL:52点/70点

総評:財務は安定しており、保有しやすい銘柄で時価総額が安く夢もある。
今後の展開が非常に楽しみだが、売り上げの伸びが弱いのが気がかり。
中国へ進出していかなる結果を残せるかが良い意味でも悪い意味でも今後の注目ポイントとなるだろう。
自動車関連や地銀など、今回のコロナ騒動の影響が大きい顧客が相手の為、少し時間がかかるかもしれないが、保有して楽しみな銘柄だ。