小型株分析80 シグマクシス 6088

シグマクシス 6088 時価総額:324億

新興コンサル。IT戦略立案からシステム導入まで網羅するシステム導入支援(PMO)に強み(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(9/10点):順調この上なし

ROE(10点/10点):今期予想は26.9%

ROA(10点/10点):今期予想は16.5%

配当(2点/5点)配当予想は年20円で利回りは1.3%

決算進捗率(9点/10点):3Q段階で78.1%達成。昨年比で見ると驚異の伸びだ。

業種(9点/10点):ネットワークセキュリティのSDP、基幹システムのクラウド化、IT戦略の立案から導入、など今後企業から必要とされる要素を網羅している

テクニカル(9点/10点):コロナ禍においても強く、絶好の押し目だったようだ。移動平均線の上を悠々と推移し、今後もそれは続く可能性が高い。

信用倍率(3点/5点):信用倍率4.79倍、買い残は39万と、期待度と相対すると少ない方か?

TOTAL:61点/70点

総評:小型株IT企業の中でもおそらくTOPクラスの有望株だ。
業績も取り扱い商材も文句なく、都度都度材料も出る事だろう。
惜しむらくは配当利回りがもう少し欲しかった、くらいであるが、今後の業績の伸びに連動して増配されていく可能性も高く、長期で持つにはかなりの安定感が約束されそうだ。
しかし、ひとつこの会社に苦言を呈したい!!
ホームページが…重たいですw