小型株分析87 ビーマップ 4316

ビーマップ 4316 時価総額:24億

鉄道など交通関連、位置情報、画像配信事業展開。無線LAN設置も。不採算事業の整理進める(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(9/10点):2桁%ずつ伸ばしている

ROE(6点/10点):今期予想は9.2%

ROA(10点/10点):今期予想は7.3%

配当(0点/5点):配当は無配継続中

決算進捗率(8点/10点):3Q段階で51%だが、昨年同様以上の収益ならば大幅に超過できそうだ

業種(8点/10点):交通関連、位置情報など、今後の生活に不可欠な商材を取り扱っており期待度は高い

テクニカル(6点/10点):週足で見るとどっちにも行きそうな形で非常に入りにくいが、業績などが付いてくれば期待度も相まって自然とステージを上げていくだろう

信用倍率(2点/5点):信用買い残は253400株とかなり重め

TOTAL:49点/70点

総評:小型株の中でもひときわ小さい銘柄だが、自己資本比率79%、有利子負債ゼロと財務は安定した銘柄でもある。
セグメント別の利益を見ても、順調に育ってきている印象を受け、今後の株価の底堅さを期待させてくれる。
信用買い残、PER共に高く、株価上昇の重しになりえるが、不採算事業を整理しつつ、着々と歩を進めている会社であると感じる。