小型株分析86 セキュアヴェイル 3042

セキュアヴェイル 3042 時価総額:28億

情報セキュリティ構築やログ(使用履歴)分析サービスに特化。24時間有人対応監視に特色(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(8/10点):しっかりと右肩上がり

ROE(5点/10点):今期予想は6.9%

ROA(7点/10点):今期予想は4.8%

配当(0点/5点):配当は無配継続中

決算進捗率(6点/10点):3Q段階で50%だが、昨年同様以上の収益ならば達成されそうだ

業種(9点/10点):情報セキュリティ、ログ分析サービスなど、これからますます必要とされていくであろう商材で期待度は高い

テクニカル(7点/10点):18年には1600円まで行くなど、小型ゆえの軽さが魅力だが、逆に決算を跨ぐとなると相当なギャンブル性となる

信用倍率(2点/5点):信用買い残は270900株とかなり重め

TOTAL:44点/70点

総評:小型株の中でも特に時価総額の小さな銘柄で、株価は綿毛の様に軽いが、反面乱高下が激しすぎて安心して保有がしにくいだろう。
無配であること、信用買い残が若干多い事を除けば、業種など期待度の高い銘柄だが売り上げ高の増加に純利益がなかなか比例していないのは気になるところだ。
とにかく安心して保有できるようになれば、次第に期待の買いが続々と入ってくると思われ、監視はしておきたい銘柄である。

追記:2020年5/13に、通期業績予想の下方修正が出されています。
(前年比:売上高-16.4%、営利-9.4%、経利-7.1%、純利-3.4%)