小型株分析106 トビラシステムズ 4441

トビラシステムズ 4441 時価総額:166億

独自の抽出アルゴリズムを用い迷惑電話番号を自動的に拒否、警告するシステムを開発、提供(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(9点/10点):まさにうなぎ登り

ROE(10点/10点):今期予想は31.0%

ROA(10点/10点):今期予想は23.7%

配当(1点/5点):配当は年10.6円で利回りは0.5%

決算進捗率(8点/10点):1Q段階で22.3%とだったが、前年同様の伸びを維持できれば50%は大丈夫だろう

業種(9点/10点):モバイル向け迷惑情報フィルターの期待度がかなり高い。個人、法人問わず、今後のスタンダードになればすさまじい利益の向上が見込めるだろう

テクニカル(8点/10点):まだ上場から1年程度の会社ではあるが、売り上げの順当な伸びが見込めそうなので現価格でも買い判断と見ていいだろう

信用倍率(1点/5点):買い残が277000とかなり重い

TOTAL:56点/70点

総評:この手の犯罪、迷惑防止系の企業はほぼ確実に需要が増していくと思われ、日経新聞などにもたびたび掲載されているようなので、ぜひとも長期で見守りたい銘柄だ。
今後も業務提携や、システムの導入事例などが報告されるたび、人気化して株価は上がっていく可能性があるが、逆に言うと上場が最近なのも相まって、いつが安く、いつが高いのかが分かりにくいため、買いをためらう人も多いだろう(だからこそチャンスだとも言えますが)
初配も予定されており、株主還元に力を入れてくれれば、財務もかなり良いので是非とも購入検討したい銘柄である。