小型株分析76 ピー・シー・エー 9629

ピー・シー・エー 9629 時価総額:293億

公認会計士の有志が設立した独立系ソフトハウス。会計や販売管理など業務用ソフトで先駆(四季報より)

<採点>

売上高伸び率(8/10点):順調に伸びている

ROE(7点/10点):今期予想は13.1%

ROA(10点/10点):今期予想は8.1%

配当(3点/5点)配当は年54円+クオカード2000円分で合計利回りは2.3%

決算進捗率(10点/10点):3Q段階でほぼ達成しており、上方修正済み。前年比でみても驚異的な決算で文句なし。

業種(8点/10点):しばらくは特需が過ぎ、踊り場になる可能性はあるがそれでもなお期待度は高く、BtoBとして求められる企業のひとつだろう。

テクニカル(6点/10点):反発局面だが、上ヒゲ発生でもう一度下を見に行く形になりつつあり、様子を見たい。

信用倍率(5点/5点):信用倍率は2.2倍で問題なしだ。

TOTAL:57点/70点

総評:全体的に高得点で文句のつけようがない銘柄だ。
PCAクラウドの導入実績は14000法人と素晴らしく、定額制のサブスクのため安定的な収益で強固な地盤となっている。
今後もさらなる拡大が期待されるが、あえて懸念点をあげると、法人の導入件数の伸びはいつかは止まるため、その時に次なる一手を打ってあるか、又は並行して展開しているかが今後の成長率のカギとなりそうだ。