おすすめ決算銘柄紹介2021年4/28(前編)

雑記

決算を受けて、これは次回決算まで株価の上昇に期待が持てそうだと思った銘柄をピックアップするコーナーです。

銘柄ピックアップ条件はこちら…

  1. 時価総額300億円以下
  2. 昨年通期よりも今期は増益予想
  3. 今回の決算発表が昨年同期よりも好印象である
  4. 不動産、バイオ関連は除く

採点もしていますが、あくまで主観なのでその点ご了承願いますね~。

採点項目と点数配分はこちら。

今回から地合いの採点項目を加えました。

  • 地合い:10点満点・・・日経平均MACDの位置で0~10点採点(ボーナスポイント扱い)
  • 決算内容:40点満点・・・文字通り決算の内容評価点です
  • 信用データ:15点満点・・・信用取り組み具合を採点。いくら決算が良くても信用買いが多ければ売られやすいため
  • 業種:20点満点・・・次決算まで期待度が継続する業種かどうか
  • 株価位置:25点満点・・・現在の株価位置。基本は翌日成行買い出来るかどうか、を採点

ちなみに『場中決算発表銘柄は省略』させて頂きます。

既に株価が反応してしまっているため、鮮度が無いためです。。

それではどうぞご覧ください↓


今期通期予想が前年を上回っている銘柄

加地テック (6391) 70点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 35点/40点
株価位置 10点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 15点/20点

前年420百万⇒今期470百万と11.9%増益予想

石化などプラント向け特殊ガス圧縮機製造。燃料電池車用水素設備も。三井E&S連結子会社

四季報より

水素関連の一定受注は見込めること、収益拡大の体制構築が計画通り進んでいること、などが増益予想要因だ。
素晴らしい今期予想で、大注目の銘柄だ、水素関連というのも今後の拡大に好印象な商材である。
週足チャートはかなり上だが日足は目下調整中であったため、金曜日は買われそうだ。
慌てて買う必要はないので、じっくりと日足の再調整を待とう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

双信電機 (6938) 80点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 35点/40点
株価位置 20点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 15点/20点

前年43百万⇒今期600百万と1395.3%増益予想

ノイズ除去フィルター主力の電子部品中堅。産業機器用が主体。情報通信関連も。釜屋電機系

四季報より

これは凄まじい今期予想だ。
半導体装置の回復、ヒューズ用厚膜印刷基盤、車載市場、電磁波ノイズ測定市場も回復、堅調を維持できるとある。
果たして予想通りうまくいくかどうかは分からないが、とりあえず向こう3か月は堅調な株価は間違いないだろう。
PTSがS高しているが80点獲得なので表にして追っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たけびし (7510) 60点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 20点/40点
株価位置 15点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 15点/20点

前年2195百万⇒今期2760百万と25.7%増益予想

三菱電機系の技術商社。三菱以外も6割超。FA機器主力に半導体、電子デバイス、医療機器も

四季報より

半導体関連装置の生産や設備投資の緩やかな持ち直し、連結子会社化した会社の業績寄与などが増益要因としている。
割安感があり、チャートの形も悪くない、業種も期待が持てるので、噴き上げはしないが堅調に株価は上がっていくと予想する。
優待含めた総利回りが3.5%と高い水準なので、長期投資家は特に大注目だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兼松サステック (7961) 65点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 30点/40点
株価位置 15点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 10点/20点

前年791百万⇒今期1170百万と21.5%増益予想

木材加工と地盤改良(ジオテック)に特化。防腐・防蟻技術強い。防犯カメラを輸入販売。兼松傘下

四季報より

環境パイルの外販強化、地盤改良関連技術と部材の外販、新工法活用の非住宅・中規模建設市場への営業活動強化などを増益要因として挙げている。
比較的自信が伺える今後の見通し文であるが、出来高が少ないので買いにくい。
こちらも優待含めた総利回りは3.4%あり、高配当で割安感のある銘柄だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


通期予想が昨年を上回り、かつ高進捗決算な銘柄

スミダコーポレーション (6817) 75点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 30点/40点
株価位置 20点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 15点/20点

前年1470百万⇒今期2100百万と41.9%増益予想
今回は1Q発表で995百万と47.4%の進捗、昨年1Qは–574百万

コイル専業。車載、通信用が主。ドル建て調達多く円安は減益要因。生産は海外各地。四半期配当

四季報より

EV、半導体設備投資、太陽光関連設備関係の需要が回復したことが要因のようだ。
1Qでこの進捗なので、よほどのことがない限り上方修正はどこかで入りそうだ(コロナの再まん延による社会の停滞がなければの前提)。
それにしてもこれほどの材料豊富な銘柄が200MAよりも下で推移し、信用も溜っていないのはなかなか珍しい。
どこかでどれかひとつ材料が盛り上がるたびに株価は反応しそうなので監視推奨したい銘柄である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッグス (4286) 70点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 35点/40点
株価位置 5点/25点
信用倍率 15点/15点
業種 15点/20点

前年1351百万⇒今期1600百万と18.4%増益予想
今回は1Q発表で619百万と38.7%の進捗、昨年1Qは113百万

飲料、食品、流通関連が主顧客。キャラクターコンテンツ活用した販促プロモーションに強み

四季報より

流通顧客向け物販及び、流通顧客向けプレミアムが好調推移した、とある。
ちょっと商材がイメージしにくい会社だが、プロモーション活動が主な収入源のようだ。
素晴らしい決算内容で、着々と成長を遂げている点は刮目に値する。
4/21に業績予想を出して以来、5連騰した上での決算発表なので、一旦出尽くしで下がる可能性もありそうだ。
ただ、今後の動向は見守る価値はあるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三ツ知 (3439) 60点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 30点/40点
株価位置 10点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 10点/20点

前年108百万⇒今期312百万と288.9%増益予想
今回は3Q発表で366百万と117.3%の進捗、昨年3Qは205百万

シート用など自動車部品が主力。冷間鍛造技術に強み。シロキ工業向け比率高い。海外展開急ぐ

四季報より

原価の低減活動、助成金収入などの営業外収益が主な要因とある。
売上高は下がっており、いまだ受注減の影響は色濃く残っているようで、しばらく本来の姿に戻るには時間がかかりそうだ。
出来高がたった200株しかない超不人気銘柄なので、よほどのことがない限り触らない方がいいだろう、人気化する可能性も低い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CEホールディングス (4320) 65点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 30点/40点
株価位置 15点/25点
信用倍率 5点/15点
業種 15点/20点

前年452百万⇒今期710百万と57.1%増益予想
今回は2Q発表で683百万と96.2%の進捗、昨年2Qは394百万

電子カルテシステムを自社開発。中小病院向けに強み。NECなど大手ITとの協業も強化

四季報より

電子カルテシステムが好調推移、子会社の業績が加算されたことなどが好調要因とある。
医療情報システムの発展は疑いようもなく、今後も大注目の銘柄である。
4/26に上方修正を出しており、若干上に抜けてしまった感はあるが、個人的感覚では今の水準であれば即買いOKだ!!
と書いた後に恐る恐るPTSを見たが+7円程度の上げなので、金曜日は比較的落ち着いた値で購入できそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は量が多かったので半分ずつ記事にします、後編は明日に投稿予定です。

今決算集中期に初めての80点以上が出ました、とりあえず1銘柄ですが双信電機を今後追っていきます。

非常に良い決算が多い今回ではありますが、またコロナが再まん延し始めており、非常事態宣言含め少し社会に暗雲立ち込めてきました。

変異株はあまりナメない方が良いみたいですね、皆さん不要な外出は極力避けてマスク手洗い徹底しましょう。。

個人的には免疫力を高めることも重要だと思うのですが、いかんせん外に出れないので家の中で免疫力を高める必要がありますね。

そこでおすすめが『踏み台昇降運動』です、体力測定でやったアレですね。

いらない雑誌を数冊重ねてガムテでぐるぐる巻きにすれば完成、コストほぼゼロのお手軽有酸素運動です。

しかも足腰の鍛錬にもなります、足腰鍛えればダイエットにもなります。

運動不足でかつ外に出たくない方はいかがですか?動画とかTV見ながらできますよ~~♪(株関係ねぇ~~ww)

タイトルとURLをコピーしました