おすすめ決算銘柄紹介2021年10/27

雑記

決算を受けて、これは次回決算まで株価の上昇に期待が持てそうだと思った銘柄をピックアップするコーナーです。

銘柄ピックアップ条件はこちら…

  1. 時価総額300億円以下
  2. 昨年通期よりも今期は増益予想
  3. 今回の決算発表が昨年同期よりも好印象である
  4. 不動産、バイオ関連は除く

採点もしていますが、あくまで主観なのでその点ご了承願いますね~。

採点項目と点数配分はこちら。

今回から地合いの採点項目を加えました。

  • 地合い:10点満点・・・日経平均MACDの位置で0~10点採点(ボーナスポイント扱い)
  • 決算内容:40点満点・・・文字通り決算の内容評価点です
  • 信用データ:15点満点・・・信用取り組み具合を採点。いくら決算が良くても信用買いが多ければ売られやすいため
  • 業種:20点満点・・・次決算まで期待度が継続する業種かどうか
  • 株価位置:25点満点・・・現在の株価位置。基本は翌日成行買い出来るかどうか、を採点

ちなみに『場中決算発表銘柄は省略』させて頂きます。

既に株価が反応してしまっているため、鮮度が無いためです。。

それではどうぞご覧ください↓

通期予想が昨年を上回り、かつ高進捗決算な銘柄

コア (2359) 55点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 20点/40点
株価位置 10点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 15点/20点

前年2114百万⇒今期2250百万と1.6%増益予想
今回は2Q発表で1097百万と48.8%の進捗、昨年2Qは758百万

独立系SI。車載やスマートデバイス向け組み込みソフトが主力。金融向けシステム等も強い

四季報より

公共及び、エネルギーを中心にコアビジネスが全体的に好調だったことなどが増益要因としている。
堅実系IT銘柄の、これまた堅実な決算内容だw
インパクトも何もないが、会社予想にキッチリと合わせてくるところはさすがとしか言いようがない(実際は10/20に上方修正を出しているが)
株価は移動平均線すべてを上回っており、現状で買う魅力はない。
また200MAが横向きなところも少し買いにくいところだ、欲しい方はしっかりと全体調整時に購入しよう、焦る必要はないように思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東洋機械金属 (6210)60点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 25点/40点
株価位置 15点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 10点/20点

前年-101百万⇒今期1250百万と黒字復帰予想
今回は2Q発表で801百万と64.1%の進捗、昨年2Qは-484百万

小型の射出成形機や電動ダイカストマシンに強み。中国に生産子会社、伊など海外に委託生産

四季報より

雑貨や容器類などの生活用品や医療機器関連が増加した、などが増益要因としている。
まずまずの決算ではないか?
上方修正とまではいかないが、確実に復活の狼煙を感じさせる良い2Qだ。
ただPTSは無反応、週足200MAが上から迫っている悪い形なので、少々買いずらい。。
しかし割安さは大きく、今後の復活を加味すると現価格はかなり割安感はある。
配当も優秀で優待もあるので、目をつむって買っても奥さんに言い訳はしやすいだろう(優待は500株からだから気を付けてねw)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊勢化学工業 (4107)55点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 25点/40点
株価位置 5点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 15点/20点

前年2137百万⇒今期2450百万と14.6%増益予想
今回は3Q発表で1937百万と79.1%の進捗、昨年3Qは1522百万

ヨウ素で国内首位、併産物に天然ガス。2次電池向けコバルト、ニッケルなど金属化合物併営

四季報より

輸送機器関連素材に使用されるヨウ素の需要が当上半期の後半以降、回復したなどが増益要因としている。
ヨウ素や金属相場の堅調さにも支えられ、素晴らしい決算内容だ。
ただしチャートを見れば一目瞭然、しっかり織り込まれており、しばらくは出尽くし軟調となりそうだ。
しかし、期待感は持続するので、早めの押し目買いは功を奏する可能性は高そうだ。。
ちなみに押し目買いは難易度が相当高いので、しっかりと他の銘柄のチャートなどを数百個見て目になじませてからTRYしてほしい、おそらくそれでも失敗するけど(損切りの概念がいかに重要か身をもって知ることでしょう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブロードメディア (4347)65点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 30点/40点
株価位置 15点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 10点/20点

前年476百万⇒今期750百万と57.6%増益予想
今回は2Q発表で355百万と47.3%の進捗、昨年2Qは138百万

配信技術に強みを持つコンテンツ事業者。BS放送や通信制高校も。クラウドゲーム事業育成中

四季報より

上方修正同時発表。
教育や技術セグメントの好調さが増益要因としている。
ちょっとセグメントがとっちらかっている印象があり、どれを期待してよいか分からないので、個人的に苦手な部類の銘柄だ。
こういった場合、上振れもあるにはあるが、どれかが足を引っ張るケースをこれまでも散見しているので、個人的にはやはり保有しずらい印象が強い。。
今決算もPTSはかなり良い反応をしているが、投機的な買いの可能性が多々あるので、保有安心感を求める方には見送りを薦めたい。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JFEシステムズ (4832)60点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 25点/40点
株価位置 15点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 10点/20点

前年4698百万⇒今期5300百万と12.8%増益予想
今回は2Q発表で2479百万と46.8%の進捗、昨年2Qは1967百万

旧川鉄のシステム部門が分離。企業の情報システム構築・運用が主。JFEスチール向け4割強

四季報より

上方修正同時発表。
JFEスチール向け製鉄所システムリフレッシュプロジェクトの進展およびソリューション事業の拡大などが増益要因としている。
良い修正が入り、PTSはしっかり反応している、株価位置も良いことから織り込まれていなかったと見える。
2000円を目指す動きになってもおかしくないので、飛びつき買い、は薦めないが、監視に入れる価値はあると見る。
無借金かつ配当利回りも優秀なので、長期としても悪くないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クレオ (9698)60点/100点

地合い 0点/10点
決算内容 20点/40点
株価位置 20点/25点
信用倍率 10点/15点
業種 10点/20点

前年1195百万⇒今期1275百万と6.7%増益予想
今回は2Q発表で494百万と38.7%の進捗、昨年2Qは459百万

アマノ、ZHD系ソフト会社。受託開発とERP販売が両輪。『筆まめ』売却し法人向けに特化

四季報より

システム運用・サービス事業の受注増などが増益要因としている。
四季報にもあるように、下期に選挙特需が見込めるため、株価刺激材料となりそうな予感はする。
したがって今回のような無難な決算こそむしろ買い場の可能性はあり、ギャンブラーはこれに乗っても面白い。
株価位置はすこぶる低いので失敗してのダメージが少なそうなのも良い点だ。
わたくしはやりませんけどw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の特におすすめ銘柄はなし、とさせていただきます。

数も少なく、殆どがあって中期待レベルでしたのでわたくしの琴線には触れませんでしたね。。

そして今日は時間も心も余裕がなく、いつにもなく雑な評価になってしまっているかもしれませんことを、お詫び申し上げます。。

数日後見直して、しれっと修正しているかもしれません、まぁ今回の決算銘柄で購入検討出来そうな銘柄も少ないでしょうから大丈夫だと思いますが。。

日経、絶賛ドル円振り回され中、手を出すとヤケドしまっせぇ~~~(-_-;)

コメント

  1. […] 第1位 おすすめ決算銘柄紹介2021年10/27 […]

  2. […] 第5位 おすすめ決算銘柄紹介2021年10/27 […]

タイトルとURLをコピーしました