2021年秋おすすめ決算銘柄 コンテック

雑記

① 各指標

PERは9倍PBRは0.92倍とかなり割安。

ROEも11.5%予想と高め。

配当利回りは優待のクオカード500円分を含めると2.4%ともうひと声欲しいところ、増配に期待したい。。

② 四季報評価

四季報は最大級の称号『独自増額』で当企業を評している。

産業用コンピュータの米国空港向け不調とあるが、要因がコロナであるならばここから復調の期待が持てるだろう。

会社側慎重な半導体向け制御器依然根強いとある件から読み取れるのは、半導体の特需は4Q算出時点では終了していると会社が見ており、その分の収益は加算されていない可能性がある。

半導体問題は諸説あるが、2025年までは改善しない、という話もあり、それが本当だとするとまだまだ決算予想の上振れ事項に計算として加えてもいいのかもしれない。。

いずれにせよ、現状の通期目標は会社側が慎重な数字を出している可能性が高そうであり、営業スリム化の成果出始める、ともあるのでここからの決算はいずれも期待度が高いのではないか?と推察する。。

③ 業績推移

売上高は少し停滞しているものの、経常利益としては順調に伸ばしている。

増配はここ2年行われていないが、今期は表記通り30円に増配する可能性はかなりあると見ていいだろう。

22.23年の利益予想は半導体の特需を鑑みてか一段と高くなっているため、少なくとも23年の4Qまでは株価は上を見ていく可能性が高いだろう。

④ 直近決算

通期目標は1790百万円、前年比8.8%増益予想だ。

直近決算の2Qでは、会社予想の750百万円を20%強オーバーしており、順調そのものに見える。

しかし、もし昨年同様の推移を見せれば1734百万円と、少し予想をショートする。

また昨年の1~2Qには85%もの伸びを見せたのに比べ、今期の1~2Qは40%の伸びに留まっており、鈍化している。

これが昨年の1~2Qが上振れであったのか、今期の1~2Qが不調であったのかは定かではないが、若干の不安を覚える結果であることは間違いないだろう。。

従って、上方修正の可能性は若干期待しにくく、通期目標をしっかりとクリアするか否かの期待値が株価を大きく左右するだろう。

少なくとも2Qの結果は多少なりともマイナスの印象を与えたのではないかと推測できるため、現状の株価は失速している可能性があるだろう、まだ見てないけどw

⑤ 各セグメントの業績

セグメントは単一のようだ。

決算説明部分を抜粋して掲載してみた↓

やはり米国の空港セキュリティ関連はコロナの影響による不調となっている。

まとめると、半導体関連のみ好調で全体をけん引&費用削減効果により、減収増益となったようだ。

この結果を見ると、賛否は分かれそうだが、半導体の好調は持続しつつ、米国空港セキュリティは徐々に復調すると考えると、期待値の方が上回ると見るが、正直微々たる期待値だ。

3Qまではやはり株価の大きな上昇は見込めず、3Qの期待も大きくは見込めないため、株価推移は難しい状態が続くと見る。

では中期計画書を見てみよう↓

簡素な造りだが、売上高300億円、営業利益率9.3%(2790百万円)を24年3月に達成する予想を立てている。

ちなみに22年3月予想は売上高246億円、営業利益1800百万円であることを考えると、素晴らしい伸びを目標としている。

特に営業利益率9.3%は凄い、これは長期の買いが期待できる目標だ。

ちなみにこれを発表したのは21年2月なので、そこからの株価はかなり堅調だったのではないだろうか?

ただ、目標達成のための事業戦略に具体性が乏しいため、ちょっと不安ではある。。

IRも積極的に発表するタイプの企業でもなさそうなので、イマイチ中期計画のインパクトというか信憑性は薄いと言わざるを得ないだろう。。

しかし、PERが9倍と言うこともあり、この目標を達成するしないに関わらず割安なので、株価の底は固いであろうことは間違いなく、保有安心感はかなりの物だろう。。

⑥ 週足チャート

しっかりと上昇トレンドの形をしており、やはり中期計画に支えられてか200MAが完璧な支持線として機能しており、非常に買いやすい形となっている。

今後も緩やかではあるが、この流れは継続する可能性は高いだろう、ただし3Qの結果次第によっては200MAの支持線が突破されてしまう可能性も視野に入れておきたい。

次回の決算まではとりあえず安定しそうだが、大きく値幅が取れそうな要素も少ないので、資金拘束デメリットを大きく意識する方にはおすすめしにくい銘柄だ。

⑦ まとめ

おすすめ度は『24年3月まで限定でおすすめ』とします。

2Qの結果で、若干株価の停滞が起こると思われるので、むしろ買いタイミングとしては悪くないかもしれませんね。

購入はやはり200MAに当たれば最高のタイミングでしょう。

ただ、3Qをまたぐかは少しギャンブル要素が強めとなります、3Q手前までに株価がしっかり上昇しているようなら跨がずに一旦手放した方が無難でしょうね。。

個人的には面白そうな銘柄だと思いましたが、長期で持てるか?と聞かれたら、返答に窮しますw

あと、出来高少ないから成り買いはご注意を~~、トランポリンジャンピングキャッチになっちゃうかもよ~~ww

※紹介したデータは2021年11/17現在のものです
※SBI証券様のデータを抜粋させていただきました。

コメント

  1. […] 第4位 2021年秋おすすめ決算銘柄 コンテック […]

  2. […] 第5位 2021年秋おすすめ決算銘柄 コンテック […]

タイトルとURLをコピーしました