新テーマ小型株を探す②

雑記

まだまだあるぞ、次世代テーマ掘り

今回は前回に引き続き、現在の相場では注目されていないテーマを先回りしていこうというコーナーの第二弾です。

第一回が好評で、やはり皆さん先回りに投資の妙味があるとご存じのようですね。

すぐに稼ぐ必要のない方、普段あまり相場を見る暇のない方などに特におすすめの手法ですので是非最後までご覧になっていってください。

前回の第一弾もリンク貼っておきます、まだ未読の方は先にご覧いただくとうれしいです↓

① セルロースナノファイバー(CNF)

かねてより話題になっていたのでご存じの方も多いと思います、植物由来の新素材です。

特徴については多々あるので軽く説明すると、軽くて強くて硬い素材です。

しかしネックは価格の高さであり、大量に使用する用途がない限り、価格の競争力は他の素材に負けるのですが、今後ブレイクしそうなポイントとして『脱炭素としての環境問題に対応している』面であり、プラスチックを始めとする石油商品の代替品として再注目される可能性です。

クリーンエネルギーの話題が一巡したのち、クリーンマテリアルとしてテーマ化する可能性は十分あるように思います。

そんなCNFの関連小型株はこちら↓

星光PMC (4963)

当会社のCNF『STARCEL』アシックスのランニングシューズ用素材に採用され、今後も自動車部品や住宅建材などに活用されることが期待されています。

すでに実績があるということで、研究段階から実用段階にシフトしていることがわかりますね。

脱炭素の流れからEVの普及まで、幅広い分野でチャンスの塊であるCNFは、今後はより活用に現実味を帯びつつ、話題になる機会も増えていく可能性は高いです。

今回紹介した星光PMCは業績、配当、チャートの形も良く、他にもテーマになりそうな材料をいくつか秘めている会社です。

CNFのみならず他材料もチェックしたい方は一度HPを覗いてみてくださいね。

② スマートグラス

街を歩けばほとんどの人がスマホを片手に歩いている。

もう何年も変わっていない光景ですね。

個人的にそろそろこのスタイルも終わりを迎えるような気がしてならない。

では、代替品となるデバイスは何か?と言うと、筆頭は『スマートグラス』ではないでしょうか?

眼鏡型のデバイスは両手を自由にし、ファッション性も抜群。

今でこそまだ奇抜な姿に見えるかもしれませんが、おそらく遅かれ早かれ人は両手をフリーにしたニュースタイルに変貌するのではないかと思っています。

そんなスマートグラスの関連小型株がこちら↓

JNSホールディングス (3627)

旧名ネオスが持ち株会社となり社名変更したIT系企業です。

子会社のジェネシスホールディングススマートグラスを活用したソリューション受託開発を行っています。

これによりまずは商用利用として活用が期待され、ゆくゆくは一般的な用途に広がっていくことが期待されます。

目下株価は絶不調ではありますが、先回り買いと考えるとこれほどチャンスな銘柄も少ないように思いますね。

既に片手にスマホを持つのが億劫だけど、デバイスは手放せない、そんな人も潜在的に増えている気がするので、今後の展開に大いに期待したいところですね♪

③ リニアモーターカー

最近、ついぞ耳にしなくなったリニアモーターカーの話題。

一応、2027年開業の方向で進んではいるようですが、少々難しいのでは、とされています。

しかし、確実に牛歩ではありますが進んでいるのは確かで、いつテーマとして取り沙汰されるか分からない状況です。

まして、コロナの影響で都心に住む必要がなくなった方々は大勢おり、リニアモーターカーの話題が出やすい状況になりつつあるような気すらします。

そんなリニア関連小型株はこちら↓

昭和電線ホールディングス (5805)

こちらの会社は『超電導コイルの開発』でリニア関連の銘柄として認知されており、トレンドが発生するとしっかりと株価上昇の恩恵を受ける銘柄です。

リニアなんて誰も見向きもしてない、そんな時こそこっそり監視する事に妙味がありますよね~。

ただ、こちらの銘柄は現在株価がかなり高い位置にいますので、じっくりと引き付けて購入がおすすめです。

あとがき

第二弾、いかがでしたでしょうか?

時流に乗るのももちろん素晴らしい手法ですが、同時に揺さぶりとふるい落としに一喜一憂することにもなります。

その点、今回の企画で紹介したテーマはほぼ無風の状態で仕込むことが可能です。

細工は流々仕上げを御覧じろ、といったところですね、外れたら…まぁしゃあない、くらいの心の猶予が実はすごい利益を生んだり..するかもしれません。

買ったことを忘れてた人のパフォーマンスが実はすこぶる良い、という話を聞いたことがあるかと思います。

保有株を監視すればするほどに、利益確定や生半可な回転をしてしまい、莫大な利益を逃すことって大いにあります。

有名な話ですが、1997年に上場したyahooの株を上場当時に購入し、今も保有していれば4.3億円になっているそうです!!

そんなケースは本当に稀ですが、大きく儲けたいのであれば急がば回れ、今回紹介したような先取りテーマ株を保有し、株価推移を見ないためにも思い切ってスマホから証券口座のアプリを消しちゃう、なんて荒業も有効なのかもしれませんね(^_-)-☆

コメント

  1. […] 新テーマ小型株を探す①まだ動意づいていない新テーマを発掘し、紹介した記事です。hukurin.net2021.01.05 新テーマ小型株を探す②新テーマ小型株を探す企画の第2弾です。hukurin.net2… […]

タイトルとURLをコピーしました